思いついたこと、考えたこと、今日の出来事、聴いたオンガク、読んだ漫画と小説と、なぜか嵌っちゃったアイドルも。 ワタシを構成する細胞CELLと要素ELEMENTSを全力投球ご紹介。  
06-09-21_15-56.jpg

 BAHA MEN 「KALIK」 のジャケット。
 ポップでファンクでなにげにダンス! かなり粒ぞろいで曲が揃っている。民族楽器が可愛い。レニー・クラヴィッツも参加してたりする。
 とにかく、明るく晴れるとても気持ちのいいアルバムだ。
 ドライヴにも最適!!
写メが逆光でヒドイ… だってアマゾン先生にないんだもん!!!


 今日、天気が良くて、風もあって、久しぶりに部屋の窓を開けたのです。
 いやいや。語弊があって、窓はいつでも開いてるのですが(苦笑)、カーテン越しにあいてる状態。カーテンは昼間でも閉めているのです。私の部屋は西向きで、西日が眩しいので。しかもわたしは暑がりなので、熱がこもるのも嫌なので、きっちりと遮光カーテンを閉めているのですが。
 でもでも、今日はレースカーテン越しですが、久しぶりに開けて、空気の入れ替えをしました。
 風が流れて気持ちいいなーついでに少し部屋の片づけをしようと溜まった洗濯物を洗濯機に突っ込んだり、ゴミをまとめたり。
 そんなこんなしているうちにどうにもバハメンが聴きたくなったのです。

 昼間でも「ダンシング イン ザ ムーンライト だ!!!」 と。
 わたしにとって、この曲はバハメンの代名詞でもあるのです。
 しかし、この曲がバハメンによるカヴァーだと知ったときは、ものすっごく驚きましたね。ずっと彼らのオリジナルだと思っていたので。
 
 

 前にも書いて、また書くけど、わたしは洋楽IQ が低いのです。
 邦楽と洋楽を聴く比率も全然違うし。
 洋楽を聴いていて、特に思うのが、曲を聴いてもジャンル分けができないというか、どんなジャンルがあるのか分かりきっていないし、それに、人種によってやる音楽が違う、というのも、不思議な感じなのです。
 傾向として、パンク、ファンク、ヘビメタ、ヒップホップ、ブルース、重すぎるロックは苦手なんだけど、それでも曲として気に入ってしまえばジャンルを超えて曲が好きになる。
 故に、わたしの中で結局ジャンルというものの存在は大視されなくなる…
 変なループが、洋楽IQ を低いままにさせているのだろうか………??


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

【2006/09/21 16:26】 | オングヮク!!音楽!!
トラックバック(0) |