思いついたこと、考えたこと、今日の出来事、聴いたオンガク、読んだ漫画と小説と、なぜか嵌っちゃったアイドルも。 ワタシを構成する細胞CELLと要素ELEMENTSを全力投球ご紹介。  
 
 どうして、こんなにもやわらかくてああたたかくてかわいくて、やさしいのだろうか。


 ふと、フランクシナトラが聴きたいな、と思った先日。
 フランク・シナトラは好きなのだが、実はCDを持ってないんです。かなりの頻度で聴きたいな、と思うようだったら入手するんだけど、もともと洋楽聴かない上に、シナトラはどこから手を出せばいいのかわからないというのが腰が引けてた理由なのですが。
 で、「シナトラか~聴きたいよな~聴かないと気がすまないよな~」と思ってたときに思い出した。コーネリアスのアルバムでシナトラのカバーがあったことを。
Sensuous Sensuous
Cornelius (2006/10/25)
ワーナーミュージック・ジャパン

この商品の詳細を見る

 一番最後に入っている曲。「Sleep Warm」。この曲が、カバー曲なわけなんですが、とてもかわいらしい。
 ストリングス、ハープが美しく、鉄琴がキラキラで、また、小山田さんのたゆたうような重さを感じさせない声がとてもきれいに映える。
 なんだか、まったく敵意のない曲なので、懐に入れてしまったら、逆に離せない。虜になってしまうー。
 お陰でこの数日はこの曲にメロメロです。
 癒されてます。やさしいです。
 夜寝るときに聴いてもいい。安らかな気持ちになれる。
 仕事場でも聴いてるんですが、力が抜けすぎるかも。だらん、としてしまうので聴くときは注意しなくては。
 個人的に、アルバムでこの曲を最初に聴いてからM1に入っていきます。音が繋がっていくので違和感ない。
 むしろ、抜けすぎてしまった力を他の曲聴きながら戻していく感じです。
 この曲を聴くと、私の気持ちも優しくなっていくから、しばらくは薬がわりにこの曲を聴きます。


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【2007/05/23 14:40】 | オングヮク!!音楽!!
トラックバック(0) |