思いついたこと、考えたこと、今日の出来事、聴いたオンガク、読んだ漫画と小説と、なぜか嵌っちゃったアイドルも。 ワタシを構成する細胞CELLと要素ELEMENTSを全力投球ご紹介。  
 
 わー。
 ぽっかりと期間が開いてしまいましたー!一週間くらい??
 まあ。あらあらあらあら。
 お久しぶりですこと!
 時間が空いた間にすっかり秋らしくなって金木犀のにおいがいい香りで(ry
 ということで時事の挨拶。



 ここ半月以上の間で、ふと発想というか、ネタを思いついて、最初は「ふんふん、こうなるにはこういう前フリがあればいいわけねー、ふんふん♪」 という感じでして、自分的に「おお、使えんじゃね?(喜」 という感じだったのですが、で、さて、それを煮詰めると着地点ってどこ?? というか、これの目的って何??? と、マジに考えるようになった。
 なんてことはない、ただの思想というか、思考というか、そんなものなんですけど。
 だけど、私は、考えてみた。
 今は、こう、手のひらの中に暗示的に掬えそうで救えない感じにあるだけですが、ここでちゃんと考えて、どうしてそう思ったのか、明瞭に、明示的に宣言できなければいけないと思ったから。
 無のところに有はないわけでございますれば、何かしらの起源があるはず。
 そう思ったので、ちょっと、自分の中で掘り下げてみようと思った。
 ところが、私の脳は、ネタとしてキレイに纏め上げられた時点で、「起源」である情報と乖離してしまったらしい。
 ネタを起源にまで遡行できればいいのですけど、人間の脳ってすンばらしいところがあるので、ひとりブレインストーミングをして情報をふやかして「起源」に近いであろう情報を選びとろうした。
 なんか、硬い文章な上に、解りづらくてすみません。
 ということで、私はネタ作りしたときに1割くらいの確率で一人ブレインストーミングをしたりします。これは前にどこかのエントリーで触れたかもしれませんが。
 なぜ、こういった行動を自分でするかはわかっているのです。
 私は理由がないと納得できないので、その理由を探るためです。
 いつもは理由直結のネタなんだけど、時々フィルター噛ませてたりするので(しかも自分で無意識で)自分で裏打ちを探しに行くのです。

 ということで、ネタを出発点にブレインストーミングを開始、総合的に判断した結果、出てきた。「起源」が。
 つまり、こういうことでした。
 根底に横たわっていたものは、永久機関は有り得ないという不安でした。
 有り得ないことに不安を感じ取っていたみたい。
 ううーん、それって、シュールだな。
 でも、実は、これって、いっつも考えていることなのでした。
 だもんで、これにいきついたとき、「またこれかいな~」 と自分突っ込みをいれずにはられなかった。
 半永久的に続くものは実在しない。永久機関が実現しないことは証明されている。続くものは何もない、普遍なものはないという怯え。
 それが、今回のネタの真髄なのでした。
 わわー。
 実は、これって切り口変えていつもやっているもじゃあーりませんか。今になって気づいた。私って引き出し無えええええええ!!!!
 冷静になって、いろんな自分の中での辻褄を合わせていく作業を越えて、思うことは、憲法の前文にでてくる「不断の努力」 という言葉が含むエネルギー量ってとんでもないな、だって不断だもんな!!!!!! と着地しました。
 やっぱり人の脳って謎だと思うよ、先生。



 さて、下地が見えたからって今更このネタを下火にしてしまう訳にはいかないので、これはこれで仕上げてしまおうと思いまスー。
 出来上がったらサイトにのせてみよう。
 確かに、根底にあるものがこれでも、フィルター噛ませているから、ある意味ネタばれだけど全バレじゃないし!
 そして、これを仕上げたら、自分でケーキ食べていいことにする。
 おおおおお! 自分ご褒美!!! がんばるーーー!!

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

【2006/09/29 02:32】 | txt--in(the)seventh HEAVEN
トラックバック(0) |