思いついたこと、考えたこと、今日の出来事、聴いたオンガク、読んだ漫画と小説と、なぜか嵌っちゃったアイドルも。 ワタシを構成する細胞CELLと要素ELEMENTSを全力投球ご紹介。  
 
 いやもう、とても驚いている。
 壮大なテーマで、よく、この銀盤の中に納まったなあ、なんて思っている。
 本来は、恐怖を表現する言葉だけど、ある種恐怖にも似通っているので使う。「鳥肌がたった」。

明日の神話 (通常盤) 明日の神話 (通常盤)
ORIGINAL LOVE (2006/10/18)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る

    光と影をあげる
    色を見せてあげる
    君の空を廻る
    太陽になるんだ
  
    ほどけてしまわないように
    ぎゅっとむすびつこうよ
    寄り添って支えて
    踊ろよずっと
これは、歌詞の冒頭部分。

 久しぶりに鳥肌音楽聴いたかも。
 ヒカリとかカゲとかタイヨウとか。でっかいものを歌詞に持ってくるのってなかなか難しいんじゃないかな、という自論があるようなないようななので、「オイオイ、大きく出たなあ!」 とか気恥ずかしくなって思ってたのですが、当事者たちは愛を目の前にしてそんな心持ちなのかも、となんだかこっちが神妙になってしまった。
 まあ、そこらへんのそれを空回りせず歌えるのって、この人の声量にも鍵があると思うのです。あと、質。パワーも必要か。
 壮大な愛。
 また曲も混声合唱みたいな分厚いコーラス入るし、ストリングス入るしで、これまた壮大。分厚い。
 そして、曲のOP に岡本太郎がCM 用に作ったというピアノ音源をそのまま起用。このピアノも、なんだか力を持っていて、なんだか、ちょっと怖いなあ。

 そんな力を感じさせた曲なのだけど、歌詞が可愛らしく感じた。
 踊ろよずっと、という言い回しが可愛かったのかもしれない。
 もしくは、2群目の1・2行が全部ひらがなでひらいてあるので、柔和なイメージになったのかも。いっていることも可愛いけど。
 しかし、本当に歌詞がすっごいなァ。おおきいなァ。
 光と影を見せてくれるって。色をくれるって。まさしく、神の所業だなあ。確かに、神話だー。
 ああ、いそいでMD に落として車の中で聴けるようにしなくちゃ!! 

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

【2006/10/19 14:26】 | オングヮク!!音楽!!
トラックバック(0) |